スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2011/10/03 Mon 20:12

10月14日

 朝、藤島支持者から「顔が見えない」と注意を受ける。早急に訪問することにする。有難い忠告である。 日沿道酒田港・遊佐間の進捗状況など国土交通省酒田事務所長と意見交換、その後遊佐町K株式会社訪問、13時から林退会鶴岡支部大会に出席する。現役当時の先輩たちと久しぶりに逢う方も多い、最後までいたかったが途中退席し、3時からのGM会社の経営者会議に出席する。厳しい中でも順調に営業成績を伸ばしてきている。他界した後援会女性部長の主の通夜に出席した後、米生産グループと意見交換
と意見交換

10月13日

 9時半から社民党在京幹部会出席、急速に浮上したTPP問題について協議し当面の対応についてプロジェクトチーム立ち上げ事務局長の任につく。次回の常任幹事会で一連の行動を提起することになり、政審事務局と打合せ、14時から代議士会、選挙制度改正についての社民党としての態度を決める。これから各党の事務レベル協議に入るが、中嶋副幹事長が党を代表して出席する事を確認。1票の格差是正、比例代表議員数を減らし民主、自民の2大政党に有利な制度を模索している現状の中で、民意を反映する制度にしていくために頑張るしかない。帰省の為秘書と当面の作業をお願いし18時の上越新幹線で帰省、自宅には23時半につくが、頭の整理などゆっくり休める。


10月12日

 国有林伐採木の再利用、震災廃材の再利用そして農林来年度概算要求に盛られている6次産業ファンド事業、エネルギー対策、環境保全型農業直接支援対策など、地元での意見について農林担当部署に問い合わせしながら地元とキャッチボール、執務室であっという間に時間過ぎる。11時から全日農とTPP問題などについて意見交換、野田政権急速にTPP参加についてカジを切る。社民党として反対の態度は鮮明にしているが、急テンポで進む事に対し、明日の常任幹事会で農政部会長として日程含めて提起する事にする。4時半から「TPPを慎重に考える会」の勉強会に出席、マスコミも含めて会場満杯(約200名)鳩山前総理、亀井国新代表なども出席、テーマは「医療」日本医師会、歯科医師会、薬剤師会、看護協会の代表が参加反対表明、日本の皆保険制度が危機的にさらされ農業と同じ危機意識、その後外務省、厚労省から説明を聞く。しかし間もなく態度を決めると言うのに資料は出さず、的外れの説明に会場からは怒りの質問が続く。休会中にも関わらず多くの民主党議員出席した事に感心する。民主党として参加反対と表明はできないで「慎重に考える会」として勉強会7回重ね取り組んでいるが、時間なく参加反対の結論出す時期に来ている。超党派で反対する議員集会開催を代表の前農林大臣山田氏に相談を持ちかける。



10月11日

 久しぶりに事務所で仕事する。11時から社民党山形県連3区総支部役員会。3つの支部からそれぞれ支部大会報告を受ける。組織問題など課題は共通している。問題を整理し次回の会議へ、増税問題、原発事故、TPP問題、選挙制度改正など意見交換し、社民党支持率が低下している中で総選挙に挑む事は重い雰囲気だが、早急に闘う体制を築く事を確認する。15時から庄内町長と「若者定住構想」について「四ツ興野土地区画整理組合」役員と意見交換した後に四便で上京する。19時から全日建書記長と「社会保障、脱原発」について意見交換し、労働者派遣法など課題整理した定期講座開設など具体的な動きをしていく事を確認する。休会の為、今日議員宿舎に泊まっているのは私だけである。

10月10日

 「体育の日」秋晴れである。今日は後援会主催の健康増進グランド・ゴルフ大会、準備の関係で7時半事務所に行く。8時半受付開始なのにもう選手集まってくる。参加者275名8時半前に揃う。82歳以上の参加者8名を表彰し競技開始、日頃ご無沙汰しているので、競技には参加しないであいさつ回りに徹する。秋晴れに恵まれ順調に大会は進み2時前に終る。15時から南野「くるま座」集会、石川町会議員と出席、16時半からゴルフ大会事務局反省会に出席する。総合優勝は逃したが、Aコートで夫婦で優勝、準優勝に輝いたH氏も出席していて反省会は盛り上がる。途中退席し「10日会」に出席、会長が誕生日と聞いて「ケーキ」持参する。連休の為出席者は少なかったが国政報告、政局の話題が続くき2次会へと流れる。

10月9日

 今日は各地でイベント開催されている。9時まえに出て鮭川村「きのこ王国まつり」に参加し、11時から金山町「産業まつり」に出席する。減反制度が始ってから、きのこ、アスパラ、ニラ、など研究しながら、今では生産額がコメを上回る。「安全・安心」をキーワードに努力している事に頭が下がる。特に
放射能に汚染された稲藁での牛肉が出た事に全国に先駆けて全頭検査実施した県の対応に改めて感謝する。


10月8日

 自宅を9時に出て山形へ、山形道路混雑している。福島、宮城から1万8千人弱人達が山形に避難している。連休の為避難している子供たちに合う為に・・
福島ナンバーの車が多い。東京電力の補償も進まない、収束のめども見えない。避難者の怒りの声が聞こえる。11時から「山形県勤労者連絡協議会」定期総会に出席、挨拶した後13時半開会の「庄内空港開港20周年記念式典」に出席のため酒田に向かう。空港建設事務所で用地担当していた事を昨日のように思い出す。しかし酒田港中国定期航路復活記念式典と同じように、一番功績のある、平田牧場会長の姿が見えない事に不安を感じる。

10月7日

 9時からK興業相談業務、11時からゲートボール大会実行委員会に出席
午後から企業訪問


10月6日

 9時半から社民党在京幹部会に出席し、来月告示を迎える宮城、福島の県議選の応援依頼をお願いする。午後から議員連盟の勉強会、予想した通り休会中の為、出席者は少ない、講師には申し訳なかったが内容は濃く、3次補正等に向け議員として果たさなければならない課題について貴重な提起を受ける。その後4時から経済産業大臣へ申し入れ、5時からは人事院勧告と給与法案の扱いについて官房長官の申し入れ、最終便で帰省

10月5日

 8時半で野党理事会で意思疎通図り8時45分の復興特別委員会9時の委員会に出席する。質問者TV入りで張りきっている。私の出番は3時20分から
20分間である。毎回の事であるが質問通告内容が民主、自民の質問者か取り上げられ、質問内容と答弁を聞き短時間に切り口を変える原稿をつくる。通告内容を変えることは出来ないので、結構大変である。ましてやTV入りである。
 終わった後、地元から応援の電話も入る。新聞番組に国会中継「社会民主党・吉泉秀男」とのっている為、多くの方々が見ているようでありTVの影響が大きい事を改めて思う。質問内容・答弁は「吉泉ニュース」記事に、夜は明日の海洋自然エネルギー議員連盟勉強会の講師「太田教授・畑工学博士」と夕食を挟んで懇談会


10月4日

「秋を通り越し冬へ」昨晩宿舎に戻りTVニュースで知る。山形蔵王は雪で真白、この映像で冬の電力不足キャーンペーンを張っている。昨日東京電力の財務内容等を調査する「経営・財務調査委員会」はリストラの余地や割高な電気料金設定がなされていた事を厳しく指摘、柏崎原発が再稼働しない場合の資金繰りなどについて報告書をまとめ総理に提出した。後日報告書を手に入れ各県連と意思疎通を図る。公務員朝霞宿舎建設2転3転し5年間凍結なる。当然国会議員宿舎の有無についても問題されるべきであるし。入居している議員の考え方を早急に問う動きをしていく。私は単身で旧議員宿舎に入居しているので絶対必要であるとは思わないのだが・・・・・。今日も地元会議をキャンセルし国会執務室で仕事する。朝一番で再選果たした市川山形市長が挨拶に来る。環境省の「放射能汚染物質の処理、除染対策」について担当者から来て頂き勉強会、午後から全国農業会議所の会長はじめ役員が就任挨拶に来る。14時から震災復興特別委員会理事会に出席し明日の委員会正式に決まり質問通告する。



10月3日

 5日の復興特別委員会質問内容で地元会議について延期し、2便で上京する。
青森県連三上幹事長、陸奥湾ホタテ被害で来館、宇都秘書と経済産業省に申し入れ、10月2日投票のむつ市議選で目時市議四位で再選果たす。10月29日青森県連自治体議員研修会出席に加えて、11月12日七戸総支部集会出席依頼される。
 質問内容多くなり明日最終的にまとめ質問通告する。

10月2日

 日本海沿岸道遊佐、象潟間17キロ整備促進大会に出席。会場が「にかほ市」
の為、前金浦町の同級生と昼食懇談、社民党東北比例選出の為、時間許す限り出席しているが、他の政党は議員が複数いる為全員が揃うのはほとんどない。しかし、選挙公約では1番に挙げる課題の大会に地元議員で欠席するのは失礼である。この点について秋田県議代表挨拶で触れられる。山形県議代表挨拶は地元遊佐町選出新人の金子議員、堂々と早期実現に向けた決意を込めた挨拶、
  
10月1日
 8時半で村山市で開催される「平和の森フォーラム」に参加、あいにくの小雨で平和の森から会場は近くの公民館に変更、途中退席の予定であったが、週刊金曜日編集企画委員の成沢氏が記念講師、彼とは初対面であるが、以前、宇都政策秘書と共に活動した方であり講演後の「いも煮会」と最後まで出席する。
 新庄最上の山林問題で昼食を挟んで意見交換する予定が1時間遅れてしまう。
伐採した材木処理をチップに活用希望の企業相談である。9日再度相談する事にする。16時から鶴岡市政施行記念式典に出席するが祝賀会は欠席し、酒田市新堀地区後援会役員会に向かう。式典には先輩も多く日頃のご無沙汰をお詫びしながら懇談したかったのに残念である。

9月30日

 臨時国会最終日である。8時半から復興特別委員会で休会中審査5日に決まりTV入りで開催する事に決まる。それ以降本会議開催まで休会中審査の手続きの為、各委員会開催、14時から海洋自然エネルギー促進議員連盟開催し経産省、文科省、環境省の洋上風力についての考え方をヒヤリング行い、議連として6日経産大臣に意見書を申し入れする事を確認する。又、同日に九州大学太田名誉教授業を招き学習会を開催する事にし、案内文書発送し曽登氏から車で送られ4時半飛行機に間に合う。18時から吉岡後援会役員会少し遅れて間に合う。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。