スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

いざ出陣!!

2012/12/03 Mon 18:50

師走選挙の火蓋がいよいよ切られます。三年間の議員活動の評価が下されます。

 三年前、涙を流したその後に、当選の朗報が飛び込んできた感動は生涯忘れる事ができません。昼夜をわかたず応援して下さった皆様に言葉で表す事ができませんでした。衆議院議員として特に東日本大震災での現地活動は私にとって貴重な経験であります。復興に向かって全力で取り組む事を約束し、二度目の闘いを進める覚悟です。

GetAttachment.jpg

支持者の方から出陣のお祝いとして鯛を頂きました!
感謝!!感謝!!!
スポンサーサイト
未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)

衆議院解散する

2012/11/16 Fri 21:13

今国会最後の本会議、テレビで見たように多くの議員が解散でバンザイをしていた。

私は三年間の想いが脳裏をよぎり、バンザイをするよりはむしろ固く手を握りしめていた。そして、必ずこの場所に戻ってくると決意を新たにした。
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
11月14日、日本農業新聞3面にてTPP阻止についてのインタビューが掲載された。

以下要約 記者 

TPPに対する政府の姿勢にどう対応するか。

★吉泉 社民党は一貫してTPP参加に反対。議論が尽くされていない中での参加表明は許されない。食品安全委員会は国産牛肉や輸入牛肉の月齢緩和にゴーサインを出した。TPPの先取りだ。このことで国内生産者に対する消費者の信頼が失われるようなことがあってはならない。

記者 TPP参加と農林漁業再生は両立できるか

★吉泉 戸別所得補償や六次産業化の推進で、農業の足腰を強くする環境が整ってきた。その矢先にTPPに参加すれば、農業の生産基盤を壊し、軌道に乗り始めた農業政策の腰を折ることになる。

記者 総選挙の争点について

★吉泉 TPP反対、脱原発、消費税増税反対の三つが柱。それに地方を元気にするための政策が必要だ。それには農山漁村にどう人を呼び込むかだ。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

解散総選挙へ!

2012/11/15 Thu 12:52

 昨日の党首討論で、野田総理は「自民党が議員定数の削減に協力すれば11月16日に解散します」と明言しました。定数削減を民主党と自民党だけで決めることは許されませんが、社民党はこの間一貫して早期に解散総選挙を行うよう野田総理に求めてきました。総理から投げられた解散というボールは必ずや打ち返します。原発依存やTPP、オスプレイ配備に反対している広範な市民、生産者の方々と一丸となって勝利をめざして頑張ります。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

農水委員会質問

2012/11/15 Thu 12:51

 農林水産委員会が開かれ、大臣所信に対する一般質疑が行われました。
私の質問は以下の通りでした。
1.財務省が示した「農林水産関係予算の論点」は越権行為であり撤回せよ。
2.輸入牛肉の月齢緩和は食の安全がおびやかされるだけでなく、畜産農家への影響も懸念される。農林水産省の対応策を示せ。
3.六次産業化について、①事業の認定が進められているが、ファンドの対象となる事業認定はあるか。②ファンド活用はどの程度準備が進んでいるか。③認定の基準は、大企業中心ではなく生産者が頑張れるようなものにすべきだ。
4.①財務省の農林水産関係予算の論点について見解如何。
②戸別所得補償制度の法制化に向けた準備状況如何。
5.TPPについては、慎重に対応するといったような政府答弁ではなく、総理に参加を断念する等のもっと踏み込んだ答弁をすべきだ。

 農林水産委員会の後に開催された「党首討論」で、野田総理が突如解散総選挙の時期を明言。結果これが臨時国会における私の最後の質問となってしまいました。来年の通常国会まで質問はお預けです。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。